ここから本文です。

更新日:2020年8月27日

・ 地域包括支援センターは認知症の相談窓口です

・ 認知症を予防しましょう!

・ 認知症サポーター養成講座について

・ 認知症ケアパス(準備中)

 

地域包括支援センターは認知症の相談窓口です 

 ninchisyo-madoguchi

 

こんな相談を受けることがあります

 

● 認知症と診断されてしまった・・・悪化させないためにはどうしたらいいんだろう。

 

● 最近お母さんが認知症になってしまったみたいで、生活の様子を見に行くとおかしな

  ことを言ったりしている。どうしたらいいか困ってしまった。

● 認知症がある親の介護をしているが、私のストレスが溜まってしまい、親に怒ってし

  まったんです。このままではいけないと思い相談したくて… 

 

地域包括支援センターにご相談ください!

 

 奥多摩町地域包括支援センターには、認知症地域支援推進員や、認知症初期集中チームといった、認知症に関するご相談を受け付ける体制を整えています。認知症は『ただしく理解する』ことや、『予防する』ことが大切です!心配ごとはぜひ地域包括支援センターへ早めのご相談を! 

 

 

認知症を予防しましょう! 

ninchi_yobo2

ninchi_yobo1

紙面データはこちらから→認知症予防に大切な事(PDF:293KB)

 

認知症サポーター養成講座について 

認知症サポーターとは

 認知症サポーターは「なにか」特別なことをする人ではありません。認知症について正しく理解し、偏見を持たず、認知症の人や家族に対して温かい目で見守る「応援者」です。奥多摩町でも、その「応援者」を増やすための養成講座を開催しています。

 

養成講座

 地域包括支援センターでは、認知症サポーター養成講座の出前をおこなっています!「私たちの地域や団体でも認知症について勉強したい」という方は、ぜひお気軽にお声かけください。

 

オレンジリングとは

 養成講座を修了した認知症サポーターには「認知症の人を応援します」という意思を示す「目印」であるオレンジリングが渡されます。まちの中で「この人は認知症かな」と思って声をかけるときにも、オレンジリングを身につけている事で、周囲にも「あの人は、認知症の人のお手伝いをしているんだな」と一目でわかる場合があります。

 

orangewasaporangering

 

 

認知症ケアパス 

 奥多摩町では『自分や家族が認知症になってしまった』といった困りごとに対して、スムーズな支援ができるように、認知症ケアパスを整備しています。

 

junbi

 


 


hoback

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健課地域支援係

電話番号:0428-83-2777

ファックス:0428-83-2833