ここから本文です。

更新日:2016年3月26日

予防接種

幼児・子どもの予防接種

子どもは発育と共に外出の機会が多くなり、感染症にかかる可能性も高くなります。接種できる時期になったら、できるだけベストのタイミングで、忘れずに予防接種を受けることが大切です。

詳しい内容は、福祉保健課までお問い合わせください。

予防接種の種類と実施時期 対象年齢 接種回数
四種混合 1期初回 生後3か月以上7歳6か月未満 3回(20日から56日までの間隔)
1期追加 1回(1期初回終了後、1年経過後)
二種混合 2期 小学校6年生 1回(4月1日から3月31日まで)
不活化ポリオ 1期初回 生後3か月以上7歳6か月未満 3回(20日から56日までの間隔)
1期追加 1回(1期初回終了後、1年経過後)
BCG 生後5か月以上1歳未満 1回
麻しん及び風しん 1期 1歳から2歳未満 1回
2期 小学校就学前の1年間 1回(4月1日から3月31日まで)
麻しん 麻しん及び風しんと同じ
風疹 麻しん及び風しんと同じ
日本脳炎注1 1期初回 3歳以上7歳6か月未満 2回(6日から28日までの間隔)
1期追加 1回(1期初回終了後、1年経過後)
2期 9歳から13歳未満 1回
Hib 生後2か月から5歳未満 接種開始時期により異なります
小児用肺炎球菌 生後2か月から5歳未満 接種開始時期により異なります
水痘(水ぼうそう) 1歳から3歳未満 2回
子宮頸がん 12歳から17歳未満 3回

注1)平成7年4月2日から平成19年4月1日に生まれた方は、20歳までの間に受けることができます。

予防接種(成人)

高齢者インフルエンザ予防接種

 予防接種法に基づき、インフルエンザの発病予防や重症化を防ぐため、高齢者の予防接種をつぎのとおり実施します。対象者で接種を希望される方は、町内の4つの医療機関または、西多摩地区の各市町村の医療機関でお受けください。ただし、町外の医療機関で接種を希望される方は、接種実施の有無と西多摩地区医師会指定(公費補助取扱い)の有無を各医療機関で確認してください。 

〔接種者〕町内に住所を有し過去5年以内に肺炎球菌予防接種を接種していない次の方

 1.年度内に65歳以上になる方

 2.年度内に60歳以上65歳未満になる方で心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方。

 〔接種費用〕 自己負担金2,500円を接種した医療機関でお支払いください。ただし、生活保護を受給している方は、全額公費負担となりますので、医療機関に生活保護受給証明書を提出してください。

 

高齢者肺炎球菌予防接種

 肺炎球菌予防接種費用の助成については、町内医療機関で接種し接種費用は医療機関が定めた接種料金から3,000円の公費助成分を差し引いた金額を請求されますので、医療機関の窓口でお支払いください。接種を受ける際は事前に医療機関へ連絡してください。また、予診票が必要となります。今年度、通知と一緒に予診票を送付させていただいている方以外の方は、保健福祉センターにて接種可能かを確認の上、予診票をお渡しします。

 〔接種者〕町内に住所を有し過去5年以内に肺炎球菌予防接種を接種していない次の方

 1.年度内に65歳以上になる方

 2.年度内に60歳以上65歳未満になる方で心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方。

 〔接種場所〕町内4医療機関

 〔助成額〕3,000円 

 

お問い合わせ

福祉保健課

電話番号:0428-83-2777

ファックス:0428-83-2833