ここから本文です。

更新日:2015年3月1日

病後児預り事業

子ども・子育て支援推進事業

ファミリー・サポート・センター利用助成及び病後児預かり助成事業があります。
詳細はこちらへ

病気の回復期の児童の手助けが必要な方(ユーザー会員)と病後児の手助けができる方(サポート会員)が会員となり、地域の中で助け合いながら子育てをする会員組織です。
子ども家庭支援センターでは、会員の募集や登録、相互援助活動の調整等を行います。

利用方法

  1. ユーザー会員が援助を依頼したい時は、「奥多摩町病後児預かり事業連絡票」(利用連絡票)を記入し、原則前日までに奥多摩町子ども家庭支援センターに申し込みます。
  2. サポート会員との連絡、調整後、「奥多摩町病後児預かり事業利用決定(却下)通知書」をユーザー会員へ送ります。
  3. 援助活動当日、ユーザー会員は委任状を実施施設(奥多摩病院内)へ、投薬依頼書をサポート会員へ提出します。子どもを預け援助活動が開始です。
  4. 援助活動が終了したら、ユーザー会員は、決められた報酬をサポート会員にその都度支払います。

活動内容

  1. サポート会員は、病後児と共に援助開始日の初日に奥多摩病院で必ず受診をする。
  2. 病院受診後、サポート会員は病後児を決められた時間、実施施設(奥多摩病院施設内)で援助する。
  3. 事業の実施後は、サポート会員が「奥多摩町病後児預かり事業援助活動報告書」を子ども家庭支援センターへ提出する。
  4. ユーザー会員は、「奥多摩町病後児預かり事業助成金請求書」を子ども家庭支援センターへ提出する。

会員の種類

ユーザー会員(病後児の手助けが必要な方)

町内に在住する原則満1歳から小学校6年生までの児童を持つ保護者

サポート会員(病後児の手助けができる方)

町内に在住する心身ともに健康で、援助活動に理解と熱意を有し、積極的に援助活動を行うことができる20歳以上の方で、講習会に出席できる方。

報酬等

ユーザー会員は、サポート会員に対して、以下の基準に従い支払います。

報酬基準表(ユーザー会員)

利用日

利用時間

報酬額

平日のみ

8時30分~17時15分

子ども1人1時間あたり
1,000円

※最初の1時間までは、それに満たない場合でも1時間とみなします。
報酬額は、1時間を超える利用の場合、30分ごとに上記報酬額の半額となります。

※サポート会員の援助活動に必要な公共交通機関の交通費については、ユーザー会員が実費を支払います。

※キャンセルをする場合は、当日の場合50%を支払います。ただし、当日連絡がない場合は100%を支払うものとします。

会員になるには

病後児預かり事業会員としての登録が必要です。
子ども家庭支援センターに置いてある会員入会登録申込書(ユーザー会員用、サポート会員用)に必要事項をご記入の上、各窓口へご提出ください。特別な資格などは必要ありませんが、会員の方が安心して、育児の相互援助活動が行えるよう講習会に参加していただきます。

お問い合わせ

奥多摩町子ども家庭支援センター(きこりん)
TEL:0428-85-2611

子ども・子育て支援推進事業

ファミリー・サポート・センター利用助成及び病後児預かり助成事業のご案内

会員登録された方に子ども1人につき、年間7,000円分の利用助成券を配布します。

手順

  1. 会員登録
    ファミリー・サポート・センター会員もしくは病後児預かり事業会員へ登録します。
  2. 申請
    利用券の申請を福祉保健課にします。
  3. 認定
    福祉保健課にて、認定後、利用券7,000円分が配布されます。
  4. 利用
    ファミリー・サポート・センターもしくは病後児預かり事業の利用ができます。
  5. 利用後
    利用券を協力会員もしくはサポート会員へ渡します。

お問い合わせ

奥多摩町福祉保健課
TEL:0428-83-2777

奥多摩町子ども家庭支援センター(きこりん)
TEL:0428-85-2611

お問い合わせ

福祉保健課  

奥多摩町氷川1111

電話番号:0428-83-2777

ファックス:0428-83-2833