ホーム > 暮らしのガイド > マイナンバー > マイナンバーカード(個人番号カード)

ここから本文です。

更新日:2016年12月15日

マイナンバーの提供には「マイナンバーカード」が便利です!

国民健康保険に関する届出や児童手当の申請など、様々な場面で、マイナンバー(個人番号)の提供が求められるようになりました。また、マイナンバーの提供と同時に本人確認書類の提示も必要になります。

「マイナンバーカード」は、マイナンバーと本人確認が1枚で済む唯一のカードです。

公的な身分証明書となる「マイナンバーカード」は、e-Tax(国税電子申告・納税システム)などの電子申請や、マイナポータル(平成29年7月から利用開始予定)へのログインなどで利用できるほか、今後もマイナンバーカードの利用機会が広がっていきます。

マイナポータルとは、行政機関が保有するマイナンバー付きの自分の情報を、いつどことやりとりしたのかを確認できたり、行政機関から自分に必要なお知らせを受け取ることなどができる、個人用のウェブサイトのことです。

マイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバーカードは、プラスチック製のICチップ付きカードで、券面に氏名、住所、生年月日、性別、マイナンバーと本人の顔写真等が表示されています。

 

マイナンバーカード見本おもて面

おもて面

マイナンバーカード見本うら面

うら面

申請方法

マイナンバーカードの取得は任意です。

交付を希望される方は、通知カードに同封されている個人番号カード申請書に必要事項を記入し、申請者本人の顔写真を貼り、同封されている返信用封筒に入れて郵送で申請してください。

郵送による申請のほかに、スマートフォンやパソコンからも申請ができます。

受け取り方法

マイナンバーカードの交付準備が整うと、交付通知書(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書)が送られます。交付通知書の案内に沿って、受け取りに来庁される日程を事前にご連絡ください。

お受け取りの際には、本人確認書類などの、必要な持ち物があります。また、暗証番号の設定が必要になりますので、あらかじめご用意ください。

初回の交付手数料は無料です。

必要な持ち物

  • 交付通知書(個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書)
  • 通知カード
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
  • 本人確認書類(15歳未満の方または成年被後見人に同行する法定代理人も同様に必要)
  • 代理権の確認書類(15歳未満の方または成年被後見人の法定代理人のみ必要。ただし同一世帯の親などは不要。)

本人確認書類について

1点で確認が可能なもの 住民基本台帳カード(写真付きに限る)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書、仮滞在許可書
2点以上の確認が必要なもの 健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、預金通帳、医療受給者証など

暗証番号

  1. 署名用電子証明書暗証番号(英字と数字を混ぜ6文字以上16文字以下)
  2. 利用者証明用電子証明書暗証番号(数字4桁)
  3. 住民基本台帳用暗証番号(数字4桁)
  4. 券面事項入力補助用暗証番号(数字4桁)

上記の2・3・4は同じ暗証番号にすることができます。

マイナンバーカードの紛失

マイナンバーカードを紛失したり、盗難にあった場合は最寄りの警察署や交番で遺失届出をし、「受理番号」を控えて、お住まいの市区町村の窓口に紛失届を出してください。自宅内で紛失された場合は、警察への届出は必要ありません。

また、カードの悪用を防ぐため、マイナンバーカード機能停止のお手続をおとりください。機能停止については、下記の個人番号カードコールセンターへご連絡ください。

個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル)☎0570-783-578

なお、再交付を希望される方は、お住まいの市区町村窓口にて再交付のお手続きを行ってください。お手続きには、警察署や交番へ届け出た遺失物届の「受理番号」が必要になります。

関連情報

個人番号カード総合サイト(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

住民課総合窓口係

電話番号:0428-83-2182

ファックス:0428-83-2344