ホーム > 町の紹介 > 町長室 > 町から来町自粛 継続のお願い(5月7日発表)

ここから本文です。

更新日:2020年5月7日

不要不急の来町自粛 継続のお願い

 奥多摩町からのお願い(令和2年5月7日)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、国による「緊急事態宣言」は、4月7日に東京都を含む7都府県を対象に、また、4月16日には全国すべてを対象として発令されましたが、さらに5月31日まで延長されることとなりました。

 この大型連休中、町においても、町民皆様に不要不急の外出自粛を、さらに町外に対しても「来町自粛のお願い」を要請し、また、東京都においても「ステイホーム週間」として不要不急の外出自粛の要請がなされていましたが、連休中に来町された車・バイクなどの状況は、国の行動指針として示された8割削減までには至っておらず、危機感を募らせております。

 町では、5月7日午前9時に奥多摩町新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、『不要不急の来町自粛の継続』をお願いすることとし、東京都とも連携し、また、町ホームページや報道機関へのプレス発表等を通じて、広く周知いたします。
 あわせて、一部の町道の閉鎖を追加し、引き続き、町内にある観光駐車場の閉鎖、一部の林道の閉鎖、町観光施設等の臨時休業を、5月31日(日)まで延長いたします。

 観光立町を標榜する奥多摩町において、来町自粛の継続は苦渋の決断ではありますが、まずは、町民皆様の感染防止、健康を第一に考え、また、感染拡大に伴う医療体制の崩壊を招かぬよう、引き続き努めてまいります。

 また、町内の観光事業者の皆様に対する奥多摩観光協会と連携した、町独自の助成制度の実施のほか、今回、新たに、町民皆様に対しまして、国の特別定額給付金(一人あたり10万円)とは別に、町独自の給付金(一人あたり2万円)をあわせて支給(合計一人あたり12万円)することといたしました。
 この独自制度は、町議会議員皆様から要望を受け、町として、これまで行政改革の推進や、事務事業の効率化などにより積み立てきた基金を活用して、実施するものであります。
 現在、国の給付金及び町独自の給付金の申請手続きについて、町民皆様への通知の発送準備を進めており、準備が整い次第あらためてお知らせいたしますので、ご理解をお願いいたします。

 町民皆様、町内事業者皆様には、緊急事態宣言の延長を受け、大変ご心配をおかけいたしますが、町といたしましても、引き続き必要に応じて予算措置を行い、町民皆様の生活を支援してまいります。
 また、風邪のような症状があり心配な方は、ご遠慮なく、奥多摩病院、保健福祉センターに電話いただき、ご相談くださいますようお願いいたします。

 町民皆様、都民皆様の一人ひとりの行動が、多くの方の命を救う行動にもつながります。そして、この感染症が一日も早く終息し、再び多くの観光客の皆様が、奥多摩町に来町いただけるよう、皆様のご理解とご協力を重ねてお願いいたします。

お問い合わせ

総務課  

奥多摩町氷川215-6

電話番号:0428-83-2345

ファックス:0428-83-2344